人気の求人を見つけよう│最適JOB発見隊

企業の顔となる仕事

業種で変わる営業方法

就職をする時には自分のなりたい将来を思い描いて、できるだけ働き方を考える必要があります。特に多くの企業の顔となる職種が営業ですが、業種によって営業の方法が異なります。ベンチャー企業への就職を目指す場合でも業種別の営業のあり方をチェックしておくことが大切です。例えば、人材広告業の場合であれば、企画をしながらあらゆる企業に営業回りを行ないますが、営業に行く企業の業種によって企画の仕方を変える必要があり、自分の営業によって会社の成績も左右されるので、やりがいを感じたい人には向いていると言えるでしょう。大手の営業とは違い、ベンチャー企業の営業では入社間もない間から大きな仕事を任されることが多いので、自分自身が大きく成長できるのです。

聴く力と提案力

ベンチャー企業の営業職に就職したいというのであれば、聴く力と提案する企画力を備えておく必要があります。特に、ベンチャー企業の場合はまだ知名度が無いケースも多くある為、営業へ行っても相手にされないというケースも多くあるでしょう。大手の場合であれば昔からの取引先や、相手企業の繋がりから紹介してもらえることもありますが、ベンチャー企業の場合はコネも無い状態から提案して営業まわりをする必要があります。営業先が今どのようなことに悩んでいて、どのようなことを必要としているのか、営業の際にしっかりとヒアリングをしてからその後に提案をしていくのが良い方法です。営業で働きたいのであれば、就職をするまでにこうした力を備えておくと良いでしょう。